タッキーこと滝沢秀明さんの電撃引退報道!今後はどんな活動をつづけていくのか?

タッキーこと「滝沢秀明」さんの年内での芸能活動引退の発表がありました。

今後はプロデュース活動に専念するとのことでしたが、そんな彼を振り返ってみました。

スポンサードリンク

芸能人としての滝沢秀明さん

役者に歌手に座長にと、幅広く活躍されてきた滝沢秀明さんの簡単なプロフィールをまとめました。

本名     滝沢 秀明(たきざわ ひであき)
生年月日   1982年3月29日
出身     東京都八王子市
入所     1995年自身で履歴書を送りジャニーズ入り

入所当初からそのリーダー基質をジャニー社長に買われて、Jrのリーダーに抜擢入所の翌年にはオーディションの面接官になり横山裕らのオーディションにも立ち会っていました。

ドラマの主演や、コンサートやジャニーズ関係の番組でのMCなども数多くこなし、「小さなジャニーさん」と呼ばれていたそうです。

面倒見がよく責任感が人一倍強い滝沢さんは、Jrの揉め事の仲裁やなにかあるたびに代表として誤りに出向くなども多く、一時期それが原因で引退も考えたほどなんだとか。

しかしそれをきいた母親から「帰っておいで」と声をかけられたことで逆に引退を踏みとどまったんだそうです。

彼が面倒を見てきたJrの中からデビューしたのが、今や超人気アイドルとなった『Kis-My-Ft2』『A.B.C-Z』です。

そもそも入社当時からジャニー社長のもとで様々なものをみて学んできた滝沢さんです。

ジャニーズ関係者と親交の深かった森光子さんの特番でもありましたが、彼が森さんのために用意した最後の舞台は本当に素晴らしかったですよね。

舞台とはなにか、演じるとはないかということを、滝沢さん自身が様々な経験を経て今回の結論に至ったのだと思います。

スポンサードリンク

ジャニーズ事務所の次期社長に就任!?

タレントとして引退をして、今後は新人育成やプロデュース業に専念するとおっしゃった滝沢さん。

そうなると次の話題は「ジャニーズ事務所の次期社長候補?」となるのは、ある意味自然な流れかもしれません。

しかし御本人の口からはっきりとこの事実は否定されております。

経営陣に加わるつもりはないです。そこはジュリーさんがやって行かれるんだろうと思います。そもそも僕は経営はできませんから」

しかしその後に続く言葉が気になります。

「『後継者』とは、社長になるということではなく、ジャニーさんの思いややり方を引き継ぐという意味です」

あくまでもプロデューサー業に徹するというのが、滝沢さんの本音のようです。

相棒の今井翼さんの病気による引退や、プロデューサー力で「東のタッキー西のすばる」と言われた関ジャニの渋谷すばるさんの退所など、きっかけがいろいろ重なったのも今回の結論に至った要因かもしれません。

来年以降表舞台に出なくなるであろう滝沢さんですが、彼の思いや信念は、彼がプロデュースした次世代の活躍によって感じられると思います。

ぜひ、今後も活躍を期待したいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ